Flex Mini 2

Flex Mini 2

PHPもMySQLも使える柔軟な環境、root権限付き仮想共用サーバホスティング

Flex Mini 2は、1台の物理的なサーバの中にある仮想的なサーバを提供するサービスです。Flex Mini 2では、従来のサーバ共用型のWebホスティングと異なり、Flex Mini 2の仮想サーバ領域内のroot権限をお客様にご提供いたしますので、様々なサーバソフトウェアを導入できます。また完全に個々のサーバ環境は独立していますので、サーバを共有する上でのセキュリティ上の問題も解決されているほか、サーバ全体に影響の及ぶ設定のカスタマイズも可能です。

クララオンラインでは7年以上に渡る運用経験から、仮想環境に最適化したパフォーマンスチューニングを行い、高性能かつできる限り安定したサービスを提供するよう努めております。

IaaSクラウド型サービスとの比較
~標準的なWebサーバ、メールサーバに必要な機能をひとまとめに~

一般的なIaaSサービスやSolaCouldでは、仮想サーバを単独で提供しているのに対し、Flex Mini 2では標準でPleskなどのコントロールパネル、アンチウィルスソフトなどのプログラム、バックアップ機能やセカンダリDNSなどのサービスがあらかじめ付属しております(機能はプランにより異なります)。このため、細かなカスタマイズはできませんが、個別にソフトウェアを購入したり、オプションサービスを契約する場合と比較して、より安価かつ手間をかけずに複数ドメイン名に対応したWebホスティングサービスを利用できます。

Flex Mini の機能と安定性を継承しつつ、性能を向上

Flex Mini 2 では従来のサービスである Flex Mini の安定性と豊富な機能を引き継ぎつつも、性能をさらに向上させました。スワップメモリ機能を仮想的に実現するvSwap機能に対応したほか、搭載メモリを増量いたしました。これにより、従来のプランよりも多くのアプリケーションを動作させることができるようになりました。

また、Flex Mini 2 ではお申し込みいただいてから開通に要する時間を短縮するため、開通時のソフトウェア構成をよく使われるパッケージ構成のみとさせていただき、その後オプションとしてソフトウェアのインストールをご依頼いただく形となりました。あわせて、サーバ開通後のソフトウェアインストール依頼につきましても、無償対応の範囲を大幅に拡大。ほとんどのソフトウェアを無償でインストールさせていただきます。

Flex Mini2サービスの仕組み

Flex Miniの仮想化システムには、先端的なサーバ仮想化ソフトウェア、Parallels Virtuozzo Containersを用いています。Parallels Virtuozzo Containersはサーバホスティングソフトウェアで世界最大のシェアを持つParallels社(旧SWsoft社)の開発したソフトウェアで、欧米の9割以上のサーバホスティングプロバイダによって使用されています。また、クララオンラインは2003年に日本のサーバホスティングプロバイダでは初めて同社のソフトウェアを採用いたしました。

仮想化技術について

Flex Mini 2では、VMware や Xen、KVM といったハイパーバイザ型(仮想マシン型)の仮想化技術ではなく、Virtuozzo という仮想OS型の仮想化技術を利用しております。仮想OS型の仮想化技術は、複数の仮想サーバで同一のカーネルを利用しているため、デバイスドライバの組み込みやカーネルの入れ替えやOSの変更といった高度なカスタマイズについては対応していないといった制約があります。一方で、仮想化に伴うオーバーヘッドが低いため、実効性能が高いという特徴があるため、Webサーバやメールサーバといった一般的なインターネットサーバに最適です。

Flex Mini2のリソース

クララオンラインのFlex Mini 2サービスでは、以下のように 各プランごとにリソースの制限(品質制御)値を設けています。お客様がご利用になるアプリケーションなどが既にお決まりの場合にはメモリの容量が十分かなど、仮想サーバのリソースの範囲内に収まるかをご確認ください。

リソース

サービス名 Dolce 2 Economy 2 Basic 2 Plus 2
仮想CPU 1コア 1コア 2コア 4コア
メモリ(バイト) 1GB 2GB 3GB 4GB
仮想スワップメモリ(vSwap, バイト) 512MB 1GB 1.5GB 2GB
ディスク容量(バイト) 25GB 50GB 100GB 150GB
iノード数 250,000 500,000 1,000,000 1,500,000
許可プロセス数 512 768 1024 2048
※仮想CPUのコアについては仮想サーバごとに占有するものではなく、複数の仮想サーバ間で共有されます。仮想CPU1コアあたりの性能については、最低でも0.5GHzの相当の性能が確保され、他の仮想サーバがCPUを利用していない場合、Dolce 2/Economy 2は最大1.6GHz相当、Basic 2/Plus 2については2.66GHz相当の性能まで利用可能です。

用語説明

メモリサイズ コンテナ(仮想サーバ)上で利用できるメモリの最大値です。
仮想メモリサイズ コンテナ(仮想サーバ)上で利用できる仮想メモリ(vSwap)の最大値です
ディスク容量 コンテナ上で利用可能なディスク容量のサイズです。
i ノード数 コンテナ上で利用可能な inode の数です。inodeはファイルやディレクトリなどのオブジェクトに関する情報が格納されるデータ構造です。Pleskで大量のメールを蓄積した場合などには、大量に消費される傾向があります。
許可プロセス数 コンテナ上で実行が許可されているプロセスならびにスレッドの数です。

※Flex Mini Dolce 2 につきましては、弊社内でのサービス移行専用のプランとなっております。通常の新規お申込受付は行っておりませんのでご了承ください。

電話でのお問い合わせは