お知らせ

ニュース

Red Hat社による、Red Hat Enterprise Linux ES3 向け
Extended Life Cycle Support(有償サポート延長)の提供予定について

2010年8月20日

いつも弊社ホスティングサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。Red Hat社による『Red Hat Enterprise Linux ES3 向け Extended Life Cycle Support(有償サポート延長)』のプログラムに関する提供予定についてご案内をさせていただきます。

Red Hat Enterprise Linux ES3をOSとしてご利用いただいている専用サーバのお客様へは、本年10月末に予定されているRed Hat社からの同バージョンのサポート終了の時点にあわせ、本年9月末でのサービスご提供の終了をご案内させていただいております。しかしながら、引き続き同バージョンのままサーバ運用を続けたいとのニーズを多くのお客様から頂いていたため、Red Hat社へはこれらのご要望を当社からも継続的に伝えてまいりました。

今般、8月19日にRed Hat社により Red Hat Enterprise Linux ES3向けのExtended Life Cycle Support(有償サポート延長プログラム)が発表されたことにより、OSに対するセキュリティアップデートが最大3年間は有償サービスとして延長して継続されることになりました。

現在、当社のお客様でRed Hat Enterprise Linux ES3 をご利用いただいているお客様への本プログラムのご提供の準備を急ぎ進めており、近日中にご提供内容とご提供価格などの詳細を発表することを予定いたしております。決定次第、Webサイト及び電子メールにてお客様にはご案内させていただきますので、正式発表まで今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

なお、Red Hat Enterprise Linux ES3 のクローンOSであるCentOS3については、Red Hat 社による本プログラムの対象とはなりません。CentOS3 をOSとして搭載しているサーバご利用頂いているお客様へのサービスのご提供は、当初の予定通り2010年9月末をもって終了させていただきますので何卒ご了承ください。

  • ※既にRed Hat社から公開されている情報では、一部のソフトウェアパッケージについては延長サポートの対象外となっております。これらのソフトウェアをご利用のお客様は、お客様ご自身にてセキュリティ対策をお取りいただくことをお願いいたします。(ImageMagick, Squirrelmail, Sambaなどが対象です。詳細は別途公表の予定です)

お問い合わせ

営業本部
0120-380-966 (平日10:00~18:00)
sales@clara.ad.jp


このページに掲載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

電話でのお問い合わせは