東京データセンタ

クララオンラインのサーバサービスを支える23区内のデータセンタ

東京データセンタクララオンラインのサーバサービスは、東京のデータセンタにサーバを設置し、管理・運用しています。ネームサーバ等、ネットワーク運用上重要なサーバにつきましては、複数のネットワークセンターにて多重化して運用を行い、お客様向けのサービスが確実に提供できる体制を整えています。

建物への入館には、事前申請・顔写真による認証・警備員等による厳重な入室管理チェックによってセキュリティが保たれております。消火設備はいずれのデータセンタでもハロゲン消火装置を設置し、精密な空調管理と耐震設備によってお客様のサーバ、およびサーバに含まれるデータを運用させていただいております。


データセンタのファシリティレベル

クララオンラインのサーバを設置しているデータセンタは、監視システムやセキュリティ、災害時の対策など、万全の環境を備えております。

セキュリティ [ Security ]

採用しているデータセンタはBS7799やISMS(Information Security Management System)適合性評価制度を取得済みのインターネットデータセンタです。

データセンタのセキュリティレベル
  • 警備員による24時間体制の入退局管理
  • カードキーを使った入退室のコントロール
  • 監視カメラによるセンター内の監視

耐震耐火構造 [ Quakeproof Fireproof ]

新耐震設計法(1981年改正)に基づいた設計で、震度7レベルの地震にも耐えることができる構造です。消火システムには窒素系ガスを使用しており、火災が発生して消火システムが作動してもお客様のシステムが水に浸かることはありません。

空調設備・多重HVAC(暖房換気空調) [ Air Conditioning ]

完全な冗長構成を備えた空調設備により常にシステムに最適な温度を保っています。空調システムはN+1の冗長構成の空調機で構成され、一台が故障しても残りの空調機により環境が維持されます。

電力設備・UPS(CVCF) [ Electricity ]

データセンタ用の建物には電力会社からの複数系統の受電体制を確保しているほか、非常用発電機、バッテリーを備えていますので、非常時でも安定した電力をお客様のシステムに供給します。万が一の停電に備えて設置されている非常用発電機は、備蓄燃料で18時間連続運転が可能です。また非常用発電機が作動するまでの1分程度の断に備えて、バッテリーが設置されています。